理学部数学科

教育現場を体験できる科目
「スチューデント?インターンシップ」
(坂戸キャンパスのみ)

城西大学の地元?坂戸市と提携して開設している科目で、学生が坂戸市内の小?中学校で「算数」や「数学」の授業や放課後指導の補助に当たる、ボランティア体験授業です。在学中から教育現場での実体験を積むことで、進路への意識を固めてもらえること、自分の教員としての資質を確かめてもらえることなど、有能な教師を育てることにつながる体験授業です。教員を志す学生だけでなく、教育に関心がある学生、ボランティア活動に取り組みたい学生などにとっても、地域の児童?生徒との交流ができるので、とても人気が高い科目です。
社会的責任を伴う内容なので派遣前に選抜や事前指導を行っており、成績評価は出勤簿や実習日誌などで検討します。教育界の有識者?権威による学内講演会もインターンシップ事業の一環として企画されており、体験をふくらませてもらうためのプログラムになっています。
スチューデント?インターンシップ I (2年次前期)
スチューデント?インターンシップ II (2年次後期)
スチューデント?インターンシップ III (3年次前期)
スチューデント?インターンシップ IV (3年次後期)

スチューデント?インターンシップ1

※「スチューデント?インターンシップ」とは別に、近隣自治体やNPO法人が行う学習支援事業やボランティア活動等に参加している学生もいます。また、789游戏中心で中学校?高等学校教員(数学)の専修免許状取得を目指す789游戏中心生は、これまで多くの人が研究?学習と並行して、中高の教育現場で非常勤講師にも携わっています。

スチューデント?インターンシップ2

TOPへ
検索