理学部化学科

研究室紹介 生化学研究室

教員北川 浩子 (教授) 理学博士
略歴1983年 城西大学理学部卒
同年 城西大学理学部助手
1994年 理学博士(東京都立大学)
2001年 城西大学理学部講師
2010年 城西大学理学部准教授
2015年 城西大学理学部教授 現在に至る
担当科目(学部)分子生物学、バイオ技術、生化学実験、スチューデント?インターンシップ、キャリアデザイン、工業化学概論
専門分野分子生物学、生化学
所属学会日本生化学会、日本遺伝学会、日本分子生物学会
4年生4名
居室1号館207号室(北川)、206、208号室(実験室)
メールアドレスkitagawa_address
大学研究ナビhttps://lab.naninaru.net/seminar/U25800/josai_chemistry_kitagawa

研究内容

ほとんどの生物の生体防御システムは自然免疫系によって行われています。ショウジョウバエを用いて自然免疫系で働いているタンパク質やペプチドの特徴を解析しています。また、ギフチョウ属の食草選択に関わる嗅覚、味覚受容体タンパクを解明するためにその遺伝子の同定及び発現機構を解析していきます。

kitagawa

昨年度の卒業研究題目

  1. D.virilis成虫のカビ感染における抗菌ペプチド遺伝子の発現量の変化
  2. 食草選択に関わる遺伝子の解明―ギフチョウ跗節cDNAの解析
  3. ギフチョウにおける化合物結合タンパク質(CSP)遺伝子の解析
  4. ギフチョウにおける化合物分解酵素遺伝子の解析

研究業績

城西大学研究者総覧
Researchmap
のいずれかをご覧ください。
TOPへ
検索