薬学部薬学科
薬学実習Aとは? 城西大学薬学部薬学科では薬剤師になるためにどんなことを学ぶのか?
 
 本実習は化学系実習と生物系実習の二つから構成されている。化学系実習では、化合物の基本的な性質や特性を理解するための基礎的な実験を実施して、化学的な観察?考察力の向上をはかり、器具?装置や化学物質等を取り扱う基本的な技能と態度を習得する。さらに実験値を用いた化学計算などの演習を通じて、実験内容のいっそうの理解を深めることを目的とする。生物系実習では、生命体の成り立ちを個体、器官、細胞レベルで理解するために、生命体の扱いや観察に関する基本的技能と態度を習得する。さらに実習書を見て実験が実施できる、グループで協力して実習を行い、内容に関して討論できることを目標とする。
(知識?理解、汎用的技能、態度?志向性、統合的な学習経験と創造的思考力) 
TOPへ
検索