薬学部薬学科
生物学Aとは? 城西大学薬学部薬学科では薬剤師になるためにどんなことを学ぶのか?

概要:薬学で学ぶ生化学、解剖学、細胞生理学、生理学の基礎的な内容を扱う学問であり、細胞と組織の構築、生体物質(タンパク質、糖質、脂質)、代謝等について取り扱います。

目的:多細胞生物の成り立ちと機能を細胞レベルで理解するために、生体成分、細胞と組織構築、代謝等に関する基本的知識を修得する。講義を通して動物、細胞、生命科学に対して興味をもつ

習得できる力:知識?理解

到達目標:動物、細胞、生命科学に対して興味を持ち、生命現象を細胞レベル、分子レベルで理解するために、細胞の成り立ちや生命現象を担う分子に関する基本的内容を理解することを到達目標とします。 
TOPへ
検索