薬学部薬学科
微生物学とは? 城西大学薬学部薬学科では薬剤師になるためにどんなことを学ぶのか?

(1)授業の概要
感染症の成り立ちとともにその予防と治療を学習するためには、感染症を引き起こす病原体(微生物)の性質を知ることが肝要となります。微生物学では、微生物の全般的な特性を学習すると共に、感染症の成り立ち、予防と治療に関する基礎知識を学びます。
(2)授業の目的
微生物の分類、構造、生活史などに関する基本的特性を理解することで、他の生物との相違点を明確化します。それらの知識をもとに、感染症の成立とそれに関連する因子、感染症の現状、ならびに感染症の治療と防止対策についての基本的概念を理解することを目的とします。
(3)修得できる力
知識?理解
(4)授業の到達目標
微生物学で学習する内容は、個々の感染症の成り立ち、感染症治療のための薬理学、病態学、治療学、薬剤師実務における基礎的概念に相当します。臨床応用に対応できる基礎的知識の取得を目標とします。 
TOPへ
検索