薬学部薬学科

教員

職位教員名主な担当科目
教授古地 壯光分析化学A、分析化学B、化学B演習、生化学C、薬学実習B、卒業研究
准教授植村 武史 

789游戏中心生?学部配属生

789游戏中心生
博士課程1名
学部配属生
6年生13名
5年生12名
4年生12名
早期配属生1名

研究内容

  1. D-アミノ酸の新規分析法の開発
  2. D-アミノ酸の細胞内濃度調節機構とその生理学的機能の解析
  3. 生理活性アミンならびにその関連化合物の新規分析法の開発
  4. ポリアミン関連酵素の新規活性測定法の開発
  5. 異性化タンパク質修復酵素の発現調節機構の解析

学生への対応

業績(主な業績3報)

1) Hamana K, Kobayashi M, Furuchi T, Hayashi H, Niitsu M, Polyamine analysis of brown-algal seaweeds (class Phaeophyceae) from food markets -Distribution of diaminohexane, penta-amines, and hexa-amine-, Microb. Resour. Syst. 33, 3-8 (2017).

2) Hamana K., Furuchi T., Hayashi H., Itoh T., Ohkuma M., Niitsu M., Occurrence of two novel linear penta-amines, pyropentamine and homopyropentamine, in extremely thermophilic Thermus composti, J Gen Appl Microbiol., 62, 334-339. (2016)

3) Furuchi T., Tazawa A., Numajiri S., Niitsu M., Quantitative Analysis of Structural Isomers of Linear Pentaamines by GC-MS, Chromatographia, 78, 723-727. (2015)
TOPへ
検索