薬学部薬科学科

城西大学薬学部薬科学科の在学生紹介

薬科学科では大学での勉強や実験に頑張っている人がたくさんいます。どんな学生が勉強しているか、取材させていただきました。

YK臼井2

臼井 さん 
学年:2年(取材当時)
早期配属研究室:生物有機化学
Q1 城西大学薬学部薬科学科を目指したきっかけは何でしたか
昔から医薬品や毒について興味を持っており、将来研究職に就きたいと考えていました。その中でも城西大学薬学部薬科学科では食品や化粧品などの薬以外の分野に関しても幅広い知識を得られると思い、進学を決意しました。
Q2 将来はどのようなことをやってみたいですか
将来は、理系大学の先生のような、学生たちの教育もやりながら、研究者として研究をする人間になりたいです。
そのための第一歩として789游戏中心で研究についての考え方などを深く学んでいくつもりです。人生は勉強なので、卒業して就職してからも学び続けることを怠らずにいたいと思っています。
Q3 早期配属制度で研究をすでに始めているそうですね?
1年生の講義で学んだ知識はありましたが、実際にどのようにして研究を行えば良いのか何もわからず不安に感じていました。
ですが、先生や先輩が親切に教えてくれたおかげで、研究室の実験という実習とは違う「研究」を知ることができた気がします。今ではとても楽しみながら研究活動を行っています。

YK臼井3

Q4 城西大学薬学部薬科学科の良さはなんだと思います?
薬?美容?食べもの、全ての基礎知識を必修科目で学ぶため、それぞれがどのように結びついているかを知ることができます。その中でも特に興味があると感じた項目について深く学べるところが良さだと思います。
Q5 高校生に向けて一言お願いします!
学ぶことを楽しんで、嫌いにならないでください。
「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるように何事も楽しい?面白いと感じることが全ての始まりであると私は考えています。
ですので、難しいとは思いますが勉強に楽しみを見出してみてください。

YK臼井4

Q6 一日の流れを教えてください
一日の流れ(例)
05:30 起床
08:30 大学に到着
09:30 授業
12:30 お昼ご飯
13:30 授業(研究室で研究)
16:40 図書館で休憩?復習
20:00 帰宅
21:00 予習?復習
23:30 就寝
 

YK齋藤

齋藤 さん 
学年:3年(取材当時)
配属研究室:栄養生理学
Q1 城西大学薬学部薬科学科を目指したきっかけは何でしたか
もともと医療や薬に関連した仕事につきたいという希望を持っておりました。城西大学薬学部薬科学科では、特定の専門領域に縛られずに幅広い分野を選択できるため、進学を決めました。
Q2 将来はどのようなことをやってみたいですか?     
私は、健康食品管理士や登録販売者などの国家資格取得を目標に勉強しております。国家資格と研究活動で得た知識の両方を活かした専門家?技術者になりたいと思っています。
Q3 3年生から研究室が始まりました。どんな研究をされているのですか?     
オメガ3系脂肪酸という種類に分類される脂質摂取が、ヒトの健康状態に与える影響について研究をしています。具体的には、被験者の方の血液や尿の成分分析をすることで、オメガ3系脂肪酸を食べることによる生理学的な効果を検証しています。血液や尿は貴重な研究サンプルです。どのような分析を行うとよいか毎日先生から指導をしてもらえるので、悩まず研究を進められています。また、同じ研究チームのメンバーたちと勉強をしています。自分の研究テーマに特化して勉強を深めていくという作業は、授業で行う実習とは違うところだと感じます。

YK遠心分離機

Q4 城西大学薬学部薬科学科の良さはなんだと思います?    
薬?美?食の3分野について満遍なく学ぶことができ、自分が本当に学びたいことを見つけられる。そして、その目標に向かって突き進むことができるところが良いと思います。あと、先生方との距離がとても近く、相談しやすいです。同じ学科の人同士の仲もいいので、一人で悩むことも少なく楽しい大学生活を過ごせています。
Q5 高校生に向けて一言お願いします!
今、何がしたいか迷っているかもしれませんが、生活していく中で自分の進みたい道も意外と見えてきます。その道がしっかりと見えたら、上手くいかないことがあったとしても自分を信じて頑張ってください。

YKフラスコ

Q6 一日の流れを教えてください
一日の流れ(例)
07:00 起床
09:30 大学に到着
10:00 研究室で実験
12:30 お昼ご飯
13:30 セミナーなど
16:30 休憩
18:00 実験?論文を読んで勉強
19:40 帰宅
23:30 就寝
TOPへ
検索