薬学部薬科学科

教員

 職 位   教 員 名  主な担当科目
教授杉田 義昭 医薬品?食品?化粧品概論、医薬品?食品?化粧品製造論、有機化学A、有機化学B、有機化学C、実践薬科学英語、薬科学実習A、薬科学実習E、薬科学実習F、卒業実験、基礎薬学特論、薬探索特論、論文作成法特論、生物有機化学特論演習、総合薬科学演習、修士論文研究 
准教授高尾 浩一医薬品?食品?化粧品概論、フレッシュマンセミナー(薬科学)A、化学B、分析化学、薬科学実習A、薬科学実習E、薬科学実習F、医用工学概論実習、卒業実験、基礎薬学特論、薬探索特論、生物有機化学特論演習、総合薬科学演習 
助手鎌内 等医薬品?食品?化粧品概論、薬科学実習A、薬科学実習D、薬科学実習E、薬科学実習F、卒業実験

789游戏中心生?学部配属生

789游戏中心生
博士課程0名
修士課程9名
学部配属生
4年生6名
早期配属生2名

研究内容

  1. フラボノイドに代表される天然有機化合物を基盤とした誘導体合成と生物活性評価による新規生活習慣病治療薬の開発
  2. 天然有機化合物を基盤とした誘導体合成と定量的構造活性相関(QSAR)解析による新規医薬品候補化合物の探索
  3. 植物及び真菌類を中心とした天然資源からの医薬シーズ探索
  4. In silico計算による誘導体-酵素間相互作用シミュレーションによる新規医薬品候補化合物の探索
  5. ポリアミン代謝制御を目指した化合物の合成と病態モデルを用いた評価

学生への対応

業績(主な業績3報)

1)Hitoshi Kamauchi, Yu Kimura, Mikoto Ushiwatari, Mitsuaki Suzuki, Taishi Seki , Koichi Takao, Yoshiaki Sugita
Synthesis and antifungal activity of polycyclic pyridone derivatives with anti-hyphal and biofilm formation activity against Candida albicans
Bioorg. Med. Chem. Lett., 37, 17845 (2021).


2)Koichi Takao, Tsukasa Sakatsume, Hitoshi Kamauchi and Yoshiaki Sugita
Syntheses and Evaluation of 2- or 3-(N-Cyclicamino)chromone Derivatives as Monoamine Oxidase Inhibitors
Chem. Pharm. Bull. 68, 1082-1089 (2020).


3)Hitoshi Kamauchi, Momoka Hirata, Koichi Takao, Yoshiaki Sugita
Synthesis and pharmacological evaluation of childinin E and several
derivatives as anti-hyphal formation inhibitors against Candida albicans
Tetrahedron Lett., 61, 152588 (2020).
TOPへ
検索