薬学部薬科学科

教員

 
 職 位  教 員 名 主な担当科目
 助教 鹿毛 まどか生物学A、生物学B、生化学A、応用薬科学英語、薬科学実習B、薬科学実習D、薬科学実習E、薬科学実習F、卒業実験

789游戏中心生?学部配属生

789游戏中心生
博士課程0名
修士課程14名
学部配属生
4年生8名
早期配属生3名

研究内容

  1. 角層内セラミド制御による新規保湿方法の提案と製剤化研究
  2. スフィンゴミエリン合成酵素の皮膚における役割
  3. 生理活性化合物の適用による線維芽細胞や表皮細胞、三次元培養皮膚の分子生物学的効果の解明
  4. ポリイオンコンプレックスを用いた新規化粧品製剤の提案
  5. 新規化合物を用いた色素細胞制御研究
  6. 皮膚の糖化が皮膚の構造に与える影響
  7. 皮膚疾患における新規化合物の効果の解明

学生への対応

業績(主な業績3報)

1) Erika Saito, Madoka Kage and Yoshihiro Tokudome,
Enhancement of cornified envelope-related gene and protein expression by carba cyclic phosphatidic acid in normal human epidermal keratinocytes,
Biological and Pharmaceutical Bulletin44 (3), 453-457(2021)

 
2) Moe Otsuka, Tsuyoshi Tamane and Yoshihiro Tokudome,
Effect of lactic fermentation products on human epidermal cell differentiation, ceramide content, and amino acid production,Skin Pharmacology and Physiology, 2020, accepted.


3) Yoshihiro Tokudome, Haruna Tsukiji,
Mannosylerythritol Lipid B Enhances the Skin Permeability of the Water-Soluble Compound Calcein via OH Stretching Vibration Changes
Colloids and Interfaces, 4, 10 (2020)
TOPへ
検索