薬学部薬科学科

カリキュラム

基礎と応用のバランスを考えた新発想のカリキュラム

食品?化粧品?医薬品について総合的に学べるカリキュラム。幅広い知識を持った薬科学技術者をめざして!

「教育の流れ」と「目標とする技術者像」

薬科学科カリキュラム

カリキュラムツリーと科目ナンバリング表

薬科学科のカリキュラムツリーは以下からダウンロードできます。科目群の分類とレベルを示すナンバリング表もご覧いただけます。

カリキュラムツリー(305KB) 

ナンバリング表    ナンバリング表(語学科目)

最先端の声が聞ける!

化粧品の商品開発にあたっている研究者が授業をしてくれることもあります。最前線の人が、どんな問題意識を持ち、どんなことにチャレンジしているか、最先端の技術解説を生で聞けるチャンスです。

柔軟なカリキュラム!

在学中の留学支援や副専攻プログラムが用意されています。特例として3年時終了後に789游戏中心に進学することもできます。

1年次後期のセメスター留学!

留学先で修得した科目の単位が、薬科学科の単位に認定されます。半年間留学しても4年間で卒業できます。

大学での学習法がわかる!

フレッシュマンセミナーでは、「薬学を学ぶとはどういうことなのか」という基本的なことはもちろん、学内で学ぶための図書館の使い方、コンピュータの使い方まで教わります。ですから、大学に入ってからも戸惑うことなく、「大学での学び方」を身につけることができます。

授業ピックアップ

そもそも化粧品って何だろう?

化粧品?香粧品学A?B専門分野:生理?治療分野
その安全性に気を配ることはもちろん、それぞれの使用者にあった使い方まで、化粧品を学ぶことは幅広いものです。この授業では、健康な肌?健康でない肌の違い、化学品としての化粧品の功罪、最適な使用法まで、「化粧品とは何か」の基礎を学びます。

化粧品?香粧品学

食品と薬の間には何がある?

機能性食品化学専門分野:生理?治療分野
食品には、栄養を補給する、おいしさを堪能させる、生活習慣病などの病気とかかわるなど、さまざまな機能があります。この授業では、食品が体に及ぼす影響を考え、食品と薬品の中間に位置する「機能性食品」についても学びます。

機能性食品化学

食品?化粧品?医薬品を研究するのに必要な実験とは?

薬科学実習A?B専門分野:生理?治療分野、医療薬学分野
化粧品や医薬品製剤を実際に作り、作製のための基本的な技能を修得したり、機能性食品が本当に有効であるのか、その安全性はどうなのかを評価するための基本的な技能を習得します。
あわせて統計学的データ解析の方法も学びます。

薬科学実習

大学で学んだことは社会でどう活かされるの?

フレッシュマンセミナー専門分野:関連科目
今、大学で勉強していることは、実際の現場でどう活かされているのだろう?製薬?食品?化粧品メーカーの工場や施設の見学、学科内の各講座での研究体験を通して、製品の研究?開発?生産の魅力と重要性を体得します。

フレッシュマンセミナー

病気の予防?回復を助ける薬膳を調理

薬膳?機能性食品科学実習専門分野:生理?治療分野
薬膳とは病気の予防や病気の回復を助け、健康を維持するための食事です。この実習では実際に薬膳料理を調理します。また、その素材の成分分析と有効性の評価実験を通じて、薬膳料理の科学的評価法の知識及び技能を学びます。

ここに注目!
国際的な視野を養おう!セメスター留学

セメスター留学

セメスター留学とは、本学全席中に1学期間(1セメスター)を海外姉妹校(マレーシアのマネージメント?科学大学)で過ごし、すべて英語で講義や試験を受けて単位を修得するプログラムです。
薬学領域で用いられる専門用語を学べるため、将来研究?開発職で目指す方や、海外での活躍を希望する方に対してこの経験は活かされると考えます。また本プログラムを通じて多種多様な歴史?文化?思想を尊重することのできる真の国際人の育成も目指しています。
TOPへ
検索